scince_kenbikyou今回は皮膚に生じる黒いできものについてお話ししたいと思います。

大まかに分けると以下の4種類のできものが考えられます。頻度的に高いのは①色素性母斑(ホクロ)、②脂漏性角化症(年寄イボ)等これら2つの良性の病変です。しかし時々、高齢者の顔に生じてきた黒いできものの中には③基底細胞がん(比較的性格の良いがん=切除により完治が期待できる)や、まれですが④全身の皮膚どこにでも生じるメラノーマ(性格の悪いがん=他の臓器に転移しやすい)もあるので注意が必要です。

診察で肉眼的に黒いできものがどの病変になるのか、皮膚科医にはある程度予測がつきますが、ダーモスコピーという機器で病変を観察すればよりはっきりと区別できます。なかには、どうしても区別のつかない病変もありますので、その場合、最終的には皮膚生検という顕微鏡レベルでの検査が必要なこともあります。

痛くも痒くもないことが多いのでそのままにされていることも多いかと思いますが、少しでも気になる方は一度皮膚科を受診し、4つの病変のどれになるかを確認されることをお勧めします。