今回はイボについてお話しさせていただきます。イボは正式名称を疣贅(ゆうぜい)と言い、全身どこにでもできます。一般的には表面が硬くざらざらとmonshin_roujinしたシコリとして見られますが、頭や顔、首にできたものは糸状に突出することもあります。原因はヒト乳頭腫ウイルスが皮膚の傷などから感染して生じると言われ、特に小さな傷ができやすい手・足が好発部位です。硬いシコリと言うことでウオノメやタコと思い放置されていることも多いようですが、イボはウイルス感染ですので放置していると少しずつ大きくなったり、周囲の皮膚に移って新しい病変を作っていきます。

手・足に硬いシコリがある方は一度皮膚科を受診され、イボかウオノメあるいはタコか診察してもらってはいかがでしょうか。