mushi_kemushi

今回は毛虫皮膚炎(けむしひふえん)ついてお話しさせていただきます。別名チャドクガ皮膚炎ともいわれ、これはチャドク蛾の幼虫が発生する5~6月と8~9月に限られてみられます。幼虫は山茶花(さざんか)や椿(つばき)の葉を食べて栄養を取っており、これらの木の葉っぱに大量に付着しています。問題となるのがこの幼虫が持っている多数の毛針(正確には毒針毛といいます)でこの針が皮膚に触れた時、注入された毒の成分で強い皮膚炎をおこします。風が強いと針は空気中にまき散らされるので、たまたまそこを歩いていたり干していた洗濯物の下着に針がついているのを知らずに着用してしまい炎症をおこしてしまうこともあります。この針は目に見えないくらい小さいので、いつ付着したかわからない・服を着ていてもその服を突き抜けて皮膚についてしまうというたちの悪さです。

実際患者さまが虫を見ていることは少なく、体・腕・脚などにあわ粒~こめ粒大の丸い赤みが急にたくさん出てきたことで、食べ物が合わなかった・服用中のお薬が合わなくなって薬疹をおこしたと思って、慌てて皮膚科を受診されます。治療すると数日でよくなりますが他の皮膚病に比べて予防することが難しく、針が皮膚に接触する機会があれば何度でも皮膚炎は生じてきます。5~9月の時期は山茶花や椿の木に近寄らない・またそれらの葉っぱに虫が付いていても興味本位で見に行かないなどを心がけてください。