suzumebachi

今回は蜂刺症(蜂刺され)についてお話しさせていただきます。蜂刺されとは刺された際に針から有毒物質が皮膚に注入されることによるアレルギー反応であり、人を刺す蜂はスズメバチやアシナガバチが多いです。刺された時にはかなりの痛みをともない、その直後から赤くなってきます。重症例では気分不良・血圧が下がるなどの全身性のアレルギーをおこし、命にかかわることもあります。

さらに1~2時間後に刺された皮膚の部分がかなり激しく腫れてきます。早急に治療を開始した方がよいので、必ず病院を受診してください。もちろん日常生活でも蜂に刺されないことが大事ですので、庭作業時などに蜂や蜂の巣を目撃しても、刺激したり近寄ったりしないでください。

また蜂は黒くて動くものに集まる習性があります。外出や庭作業の際は白い衣服を着用した方がベターです。さらに匂いも蜂を刺激するため、香水や香りの強い整髪料などの使用も控えた方がよいでしょう。